桜満開予想の日に高知城でお花見

高知の桜は4月2日から5日が満開の予想だったため、2日月曜日の午前中に早速、桜のきれいそうな高知城に出掛けて来た。

これまで何度も目の前を通り過ぎて来た高知城。すでに見慣れたその場所にようやく足を踏み入れたところ、まずは初代土佐藩主・山内一豊の像が出迎えてくれた。

初代土佐藩主山内一豊像

そして、その左手に進むと高知城の追手門が見えて来た。1664年に再建されたままの姿ということで、柱一本を取って見てもさすがに年季が入っている。

高知城の追手門

門を抜けるとまたしてもすぐ銅像が目に入る。今度は自由民権運動で有名な板垣退助の像。観光客はみな揃ってこのポーズで記念撮影。

板垣退助像

中央にある石段を上って行くと、高知城の天守が徐々に近づいてくる。40m程ある高台の上に立っているため坂は少しきつい。

高知城の天守

桜は予想通りの見頃。特に椰子の木と桜の組み合わせは高知独特の景観と思われ、ミスマッチの妙といった感じでなかなか面白かった。

満開の桜

桜と椰子の木

そのまま登っていくと二の丸に到着。ここは元々藩主の邸宅があった場所だが、現在では全ての建物が失われてしまっており、代わりにと言っては何だが名物アイスクリンが売られている。

アイスクリン

二の丸から写真中央の通路を抜けると本丸に辿り着ける。

高知城の二の丸から本丸へ

本丸から見ると天守はやや小ぶりな印象。ここの建物はほとんどが国の重要文化財に指定されている。

高知城の本丸から天守

中に入り書院である懐徳館を抜けると天守閣の入口がある。狭い室内に急勾配の階段。各階には模型やパネル等の展示がある。

高知城の天守閣の階段

最上層からは高知市内が一望できるが、風がとにかく強いので、まだ肌寒い季節には長居はつらい。

高知市内

下を見下ろすとこんな感じになる。

高知城の天守から本丸を見下ろす

高知城の天守から南面を見下ろす

帰りは裏口にあたる黒鉄門から戻った。ちなみに、ここも映画「君が踊る、夏」のワンシーンに使用されている。

高知城の黒鉄門

高知城の石垣と桜

所々で満開の桜を見ることができ、満足してその後は昼食へ。近くのひろめ市場にまたしても足を運び、いつものカツオとハランボを注文。ここは観光地でありながら市民の食堂としても機能しており、お昼時はいつも満席。

この日はカウンターが空いていたのでそこで食べることにした。食後はまっすぐに帰宅。気分を一新して4月の仕事始め。

ひろめ市場のカウンター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です