松本で近隣を巡る。カタクラモール、美鈴湖

松本に到着した翌日からは、いつも通り空いた時間を使って近場の探検。

日曜は食事と日用品の買い出しのために、家から2kmほどの場所にあるカタクラモールに行ってみた。ローカルな香りのするショッピングモールだったが、駐車場はほぼ満車で、地元での人気は高いようだった。

カタクラモール

屋上に車を停め、まずはレストラン街に向かう。施設は老朽化し照明も暗いので、そこはかとなく場末感が漂っていたが、イオンやダイソーが入るなど、時代に合わせて頑張っているようだった。

カタクラモール内部

食事のできる店が4店舗と少なく選択肢があまりなかったが、昼食は菜の香というFCの和食店で取ることに。

和食処 菜の香

信州だけにハズレはないかと考えた味噌ラーメンが決め手。和食処のわりになぜか推してあったshanのオムライスとともに、どちらもなかなかおいしく食べることが出来た。

菜の香 合わせ味噌らーめん

菜の香 オムライス

その後、買い物リストを片手にスーパー、薬局、100均を回り、帰りには両手に買い物袋を提げて、日が暮れる前には帰宅した。

明くる月曜の午前は天気が良かったので、
時間はあまりなかったが、家の裏山にある湖を見に出掛けた。

松本の家のベランダより

家からすぐの場所に自然があるのはこの場所ならでは。浅間温泉の看板をくぐり抜けて、一路山の方へと車で向かう。

浅間温泉の看板

浅間温泉の各湯

しばらく急勾配の山道を登ると、15分ほどですぐに湖が見えてきた。

浅間温泉裏の山道

美鈴湖

この湖は美鈴湖といって、これでも標高1000mの場所にある。古くから使われた農業用水の溜め池とのことだが、現在は主にヘラブナの釣り場として機能しているとのこと。確かに周辺にはちらほら釣り人の姿があった。

そしてもうひとつ、目立って姿を見かけたのが、ネコ。湖に差し掛かると、そこには人馴れしたネコが何匹もごろごろしていた。釣り人から釣果を分けてもらってでもいるのだろうか。

美鈴湖のトラネコ

美鈴湖のロングヘアーネコ

その後、湖の反対側に鳥居が見えて来たので、そちらへも行くことに。近くまで行き、車を停めて、階段から歩いて畔まで降りようとしたところ、そこにはまたしてもネコが。しかも道を塞ぎ、近寄ると不満げに鳴き出す。

美鈴湖で道を塞ぐネコ

そんなに嫌ならどっか他で寝ろよと思いつつ、そーっと脇を抜けて湖のほうへ。途中で「シャーッ」と威嚇を受ける。しかし、テコでもその場所からは動かない。信念のあるネコだった。

そして階段を下りて少し歩くと鳥居に到達。湖は意外と透明度が高く、1~2m下に泳ぐ魚も見通せるくらい。特に何があるわけでもなかったので、軽く散歩して元の道に戻る。

美鈴湖の鳥居

程よい時間になったのでそのまま帰宅するつもりで階段を上ると、やはりまた君か。再度ネコの威嚇を受けつつ、車に戻り家路に就いた。

美鈴湖で帰りも威嚇するネコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です