沖縄北部食事処。ぬちぐすい、大熊猫など

沖縄滞在はようやく折り返し地点を通過。島の生活のリズムにもすっかり慣れて、いよいよ定住も視野に入ってきた感じだが、写真もたまってきたので再び雑然とメモ。

沖縄での食事は、今までの移動先と比べても、外食率が非常に高くなっているのが特徴。それは沖縄料理にSHANが適応している事が大きいが、昼の定食系なんかはご飯の量が多いことが多く、さらにSHANの分も手伝うので体重増は必至だった。

しかし、先週久しぶりに体重計に乗ったところ、なんと予想に反してここ数年で一番軽くなっていた。運動量はそう増えたはずはないので、沖縄料理ばかり食べているから、という事なんだろう。

油が少ないからなのか?理由はまだ不明だが、炭水化物を控えて痩せるというのは何だったんだろうか。。帰ったら”沖縄式ダイエット”とか一冊上梓したい気分。

というわけで、このところのランチをいくつか。そば街道から少しはずれた山中にある『百年古家大家』は、”大家”と書いて”うふやー”と読む沖縄そばの店。

百年古家大家

店舗には沖縄各地から移築した古民家を再利用。せり出した和式のテラスで庭を眺めながら食事ができる。

大家のテラス

大家の庭

滝が涼しげでいい雰囲気なんだが、風が止まるとさすがに冷房なしは厳しく、よく熱々のそばを食べられたなという気もする。。

大家のソーキそば

味の方はあっさり系。ソーキは骨が大きく今ひとつだったが、じゅーしぃの方は中華粽のような味付けですごく好きだった。

建物は山腹に沿って立体的にとにかく大きく、かつての地元の権力者の屋敷といった趣き。店員さんの了承を得て、厚かましくも隅々まで探索してきた。

大家の階段

大家の個室

他にも併設の酢の博物館だとか土産物屋があり、外では別棟の古民家も多数見る事ができる。別で見学料払うべきじゃないかぐらい充実した施設だった。

また、最近よく行っているのは『ぬちぐすい』という、道の駅許田の隣にある名護曲レストランの姉妹店。”ぬちぐすい”とは”命の薬”という意味。

ぬちぐすい

ここは三矢のアンダギーを買うついでによく立ち寄る。最初は薬膳とあったのであまり積極的じゃなかったが、入ってみると定食からステーキまで色々と充実していた。ターイモとかカラシナとかの島野菜が食べられるのも嬉しい。

店内は常に沖縄の音楽が流れていて、いかにも島の食堂。この豆腐ちゃんぷるーや島野菜カレーは良かったが、ほかにも軟骨の煮付け定食なんかがかなりオススメ。

ぬちぐすいの豆腐ちゃんぷるー

ぬちぐすいの島野菜カレー

そしてもう一店。近場でこの前偶然発見したのは、『大熊猫』というこの四川料理屋。”大熊猫”とはかなり読みにくいが中国語でパンダの意。

大熊猫

名護では珍しい四川料理ということで入ってみたが、メニューには酢豚や麻婆豆腐だけでなく、沖縄そばを使った坦々麺やポーク玉子の炒飯、果ては北海道のジンギスカンまで載っている。。

何だか手広いな。。と最初こそ訝しんだが、最後のページを見て納得。店長一家は北海道からの移住者だった。

大熊猫の紹介

結局、あえてその沖縄坦々麺とジンギスカンを注文。どうかな・・・?と期待と不安を感じつつ待つことしばし。

大熊猫のジンギスカン

大熊猫の沖縄そば坦々麺

すると、出てきた料理はどちらも予想以上の味で大満足。坦々麺は具沢山&超濃厚なゴマ系だが、それに名護の名店三角屋の沖縄そばが絶妙に合っている。

ジンギスカンもさすが本場の味。といっても北海道は一度も行った事ないが。くさみがまったくなくてご飯がやたらとすすむ。

後日、麻婆豆腐も食べたが、渾然一体というより辛味、甘味、酸味がそれぞれバランスよく立っていて、豆腐も絹。かなり繊細な味でこれまた美味かった。

大熊猫の麻婆豆腐

少しマッチョな感じの店長は東京出身らしいが、九州のホテルで料理の修行をされたとのこと。そして奥さんは北海道の釧路が地元らしい。小さな息子さんと三人で、昨年沖縄に移住してきたという。

全国各地でかなり経験豊富なご主人は面白く、奥さんもすごく明るい人なので、楽しく過ごさせてもらった。せっかくなので先々に備えて次は北海道情報を聞かせてもらう予定。

その他では、名護の地元っ子御用達の『宮里そば』にも行ってきた。

宮里そば

お昼時になるとほぼ満席になるこのそば屋。作っているのは皆このあたりのおばぁたちらしい。ここは昆布がのっているのが特徴で、あっさりとした出汁が妙に旨い。まさにおばぁマジック。

宮里そばのソーキそば

こちらは本日行ったばかりの『八重善』というそば屋。本部そば街道の有名店で、入口にはごっついシーサーのれん。

八重善

ここの名物は一日10食限定のいかすみそば。ソーキそばは普通だったが、このいかすみそばがうまい。甘みと旨みがよく引き出してあって妙にはまる味。おかげで食べ終わるとスープが9割方なくなっていた。

八重善のいかすみそば

とまあよく食べ物の事ばかりまたダラダラ書いたなと思うが、本当に食べる事=幸せなので致し方ない。

イルカはさすがにトラウマになりそうだが、沖縄料理をできる限り制覇すべく、これからも足繁く外食に出かけてゆきたいと思う。

沖縄北部食事処。ぬちぐすい、大熊猫など」への4件のフィードバック

  1. ari.d5233 投稿作成者

    大熊猫は発見だった! あの年頃は何が好きなんだろう?
    とりあえずクッキー喜んでくれてよかった b

    返信
  2. SAWA

    なんだか沖縄に行ってからアクティブアリ本領発揮やなぁ(笑)
    人様の敷地の探索を始めるとは。。。
    しかしこれだけ食べてても痩せるというのは、海で泳いでみたり
    やはりクドイものが圧倒的にこちらよりは少ないからだろうか。
    中華料理屋はなぜ店舗名がパンダになったのか軽く聞いてみて欲しい…

    いかすみそば美味しそうやね♪
    アリがスープ9割ということはよほどの旨さなんだろなぁ~
    ダシにいかすみの塩味が混ざってまろやかな味??

    返信
    1. ari.d5233 投稿作成者

      内地に戻ったらすぐパッシブに戻りますw
      探索はお客さん少なかったし店員さんのOK出てますがな^^b
      しかしまじで痩せたのは予想外だった。
      ビーチ行ってもクロールとかするわけじゃなし本気で泳がんしね。。
      さんぴん茶なのか、ちゃんぷるー&そばのせいか、
      とにかく炭水化物ダイエットは一概に正しいとは言えない感触。

      いかすみはこの前の坦々麺の表現ぱくって9割にしたけど、
      実際にはほぼなくなってた。いかとゴボウと肉がどっさりで、
      いかの甘み?が出てすごくまろやかマイルドでごわした。
      どこかで見かけたらぜひ~

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です