沖縄最後の週末。憩いの森、慶佐次湾など

9月も中旬に入り、だいぶ秋を感じるこの頃の川崎。写真の方もあらかた整理が終わったので、長かった沖縄滞在の記録も今回で区切りにしようと思う。最後の記録は、沖縄を離れる直前の週について。

この週末は荷造りや掃除でバタバタするはずだったが、なんだかんだで飛行機の受託手荷物に納まる程度の量。二人でフル稼働すると意外とあっけなく片付いてしまい、ガランとした部屋にいても仕方ないので外へと繰り出した。

ちょうど空の方も曇り予報を覆しての晴れ。最後まですまんなあ、なんて思いながら、何度も走った環状線を通りまずはウッパマビーチへ。

ウッパマビーチに続く道

ベルパライソ

相変わらず綺麗な海だったが、今回の目的は看板犬ごん太のほう。犬用のおやつを持参して別れの挨拶をすると、「また来いよ」とでも言いたそうな妙に改まった顔をしていた。まあおやつ完食後はすぐ隣のBBQの方へ行ってしまったが。。

ウッパマビーチのごん太

ワンとの挨拶が済んだ後は、ちょっとワルミ大橋に寄り道。今帰仁村と屋我地島を結ぶ2010年開通の橋で、大型船を通すために高さが約37mもあるので眺望はなかなか。駐車場でアイスクリンを買って、しばらく眺めを楽しむ。

ワルミ大橋からの眺め

さらに古宇利大橋も周った後は、やんばる憩いの森へ。ここは本部町にあるヘゴの原生林が見られる観光施設。紅芋タルトで有名な御菓子御殿が運営している。

やんばる憩いの森

やんばる憩いの森のヘゴ

原生林は大体20分で一周できるくらいの広さで、雰囲気は恐竜のいないジュラシックパークといったところ。併設されたCafeハースの森の紅芋モンブランも美味しく、事前の期待値は高くなかったが、実際には十分に楽しめた。

Cafeハースの森

その後は一路、沖縄本島の東側へとドライブをして、慶佐次湾のヒルギ林という天然記念物を見に行ってきた。

慶佐次湾のヒルギ公園

慶佐次川

ヒルギとはマンローブのこと。それが川沿いに群生している。カヤックで川を遡ろうとする人達が勇ましくボートをかつぐ中、自分たちはその脇をてくてく歩き遊歩道からヒルギ観察へ。

慶佐次湾のヒルギ林の遊歩道

ヒルギの木は大体2~3mほどで、人が隠れるくらいの高さ。遊歩道の下の湿地にはシオマネキなどのカニが多数生息していて、草で穴から釣り上げようとみな寝転がっていた。童心に帰りすぎ。。

シオマネキ

カニたちと戯れ、亜熱帯風の森林浴を楽しんだ後は、本島東部をさらに北上してタナガーグムイの滝壺を目指した。森に囲まれた交通量の少ない、というかまったくない道を北へ。あるのは米軍の演習場とか、ノーオスプレイのキャンプとか。

思ったよりも距離があり30~40kmくらい走っただろうか。ふいにタナガーグムイの看板が現れたので、指示通り森の中へと折れると、標識を疑いたくなるようなあぜ道。

一台車が乗り捨ててあったので、近くのスペースに停車して道なりに歩いて行くと、崖の方に足場の悪い下り坂を発見。

タナガーグムイの坂道

ぬかるんだら絶対帰れないような道だったが、天気は崩れずなんとか下り切る。すると目の前に綺麗な清流が登場。

タナガーグムイの流れ

そして、その向こうには美しく静かな滝壺、のはずだったが。。聞こえて来るのは「Yoho~!!」みたいな叫び声。なにかと思えば、米軍関係者らしき人々が休日の水遊びに興じている。

タナガーグムイで遊ぶ米軍関係者の人達

なるほどたしかに近くに娯楽施設なんて一つもなさそうな場所。誰がかけたのか手作りのターザンロープやスライダーまであり、地元の人や子供もいて、水着持参で来る場所だったのかと意外な発見。

図らずも屈強な米兵の身のこなしを間近で確認した後は、さらに近くの安波のビーチへも行ってみた。ここは大熊猫の店長に教えてもらった場所で、いろいろな物が落ちているそうなので貝拾いに向かう。

安波のビーチ

夕暮れ時で、場所も場所なので人は一人か、二人程度。小さいが結構いろんな種類の貝を拾う事ができ、結局、波の音を聴きながらの小一時間のリラックスタイムとなった。最後は帰りたくないと抵抗するShanを車に押し込んで帰路へ。

夕食は帰りに大熊猫へお邪魔してテイクアウト。北京風黒酢豚と木耳野菜炒め。でーじまーさん。お土産には北海道のヨーグルトやチーズまでいただいてしまった。大熊猫のみなさん今回は本当にお世話になりました。

大熊猫のテイクアウト

この週はジャンバルターコーぬちぐすい三矢本舗、それぞれお世話になった人のところにも挨拶に行ってきた。こちらも地元感を出して、手土産は名古屋ういろう。家ではノラ猫Shanが食べたそうにしていたが何とか守り切った。

今回は『南の島での生活』をできる範囲で何とか実現したくて、沖縄に移動することにした。仕事の方は思った通りとは行かず、色々と再考を迫られる事もあったので、苦労がなかったと言えば嘘になる。ただ、それでもつまらない気持ちで過ごした日は一日もなかった。

さよなら沖縄の海

これから先も順風満帆とは縁遠い道と覚悟はしているが、苦境にあっても楽しそう。そんな沖縄ライフ精神を忘れず、「今が一番」と言えるような自分でいつもいられたら何よりだと思う。とりあえず次回の移動は10月。仙台、または九州の予定。

沖縄最後の週末。憩いの森、慶佐次湾など」への4件のフィードバック

  1. SAWA

    沖縄もこれで最終回かぁ~。
    行きたい気持ちを抑えつつ、存分に楽しませてもらいましたわ♪
    しかし、いつの間に名古屋ういろうを!笑
    むしろ川崎名物持って行ったほうが手っ取り早かった気もするが…。
    ごん様も別れを悟ったのか、何かしら寂しげな表情をしてるね。

    目標を持って日々生活するってのは大事だが、ついつい忘れてしまいがち。
    我が家も家族が1人増えたから、これまで通りなんとなーく過ごすんじゃなく
    日々向上心を持って自分を高めていかなきゃなぁ。

    仙台もしくは九州の放浪記も楽しみにしとります!

    返信
    1. ari.d5233 投稿作成者

      名古屋ういろうは青柳よりガッツリ取り寄せさせていただきました。。
      近くにあるとあんまり興味なかったもんだけど、
      しばらくぶりに見て実は自分も食べたくなってたw
      納屋橋まんじゅうとかも久々に食べたいな。
      意外と和菓子は砂糖少ないらしいんで体重にも優しいしねぇ。。
      甘味に限らずSAWAベイビーに会いに行ったときはグルメツアー敢行で!

      仙台はすすめる人が多いから一番行ってみたいけど、
      会津若松とか、富士山の脇とか、考え出すと他にもいろいろあって。。
      とりあえず興味&家賃のお得さで来月決めたいと思います!

      返信
  2. ちゃん

    ごんごんのおやつも載せて欲しかった。。。T_T
    みーのパパお仕事頑張ってー!これからきっとよくなるはず!!
        ∧_∧
     Vy´・ω・`ヽっ
      `!     i
       ゝc_c_,.ノ

    返信
    1. ari.d5233 投稿作成者

      おやつ食べてるのはちょっと表情がダメ犬になってたから。。
      仕事のほうは浮こうが沈もうが淡々とできる事をやるしかないからね。
      まあ失敗も苦労も全部成功の母ということで!
      しかしついにAAまで使いこなすようになったんだね。無駄に成長。。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です