北海道観光第六弾。支笏湖とヒメマス料理

いよいよ遠出をと構えていた9月だが、その最中、またまたキャッチしてしまったのは支笏湖ヒメマスがもう終わるとの旬情報。我ながら季節物に弱すぎる気もするが、気になってしまったものは仕方なく、今月も初めは旬を求めて支笏湖に出掛けることにした。

支笏湖は札幌から約50kmと程近く、旅人フレンドリーな観光地。湖だけに快晴の日にでもと思っていたが、ヒメマスのためなら曇り空も何のその。山を越え、1時間かけて湖畔へと到着した。

支笏湖畔の駐車場

車を停めると早速、ビジターセンターや土産物屋が見えてくる。目指すはその並びにあるヒメマス料理専門店の寿という店。

ヒメマス料理専門店寿

ヒメマスとは一言でいえば海に出ない鮭のこと。陸封魚と呼ぶらしいが、現在国内では阿寒湖チミケップ湖、それに移植された支笏湖などのいくつかの湖に生息している。体長は20cmもないが、何でもサケ科の魚の中で最も美味らしい。

食べ方は刺身推奨とのことだったので、注文は握りとちらしにすることにした。ちなみにアイヌ語のチェプ(魚)から、この辺ではヒメマスはチップとも呼ばれている。

チップの握り

そのチップの見た目は一見サーモンそのもの。しかしほんのり甘みがあって、脂は少ないのに身が柔らかく、口に入れるととろけていくのが特徴的。なるほどこれは人気のありそうな味。

チップのちらし

生での提供は8月一杯で終わる店も多いので、今回間に合ったのはかなりラッキーだった。そんな昼食ですでに十分満ち足りてしまったが、せっかく来たので食後は支笏湖畔へと繰り出してみる。

支笏湖

湖の向こうに見える変な形の山は樽前山。山頂の溶岩ドームが不気味な活火山だが、昨日髪を切ったときに美容師さんが先月登ったと言っていたので、現在はそれほど危険じゃない様子。

樽前山

支笏湖に端を発するこの千歳川は、江別で石狩川と合流して海へと流れ込む。鮭も遡上するらしいが、ヒメマスたちはなぜか全く出ていく気がないのが面白い。

千歳川

河原では6歳くらいの女の子が一生懸命タモで何かを獲っていた。気になって行ってみると、その子のお母さんがタモを貸してくれたので、Shanも急遽参戦することに。

タモで格闘

目を凝らすと見えるのは透明のスジエビや小さな魚。予測してピンポイントで狙う大人よりも、大胆にがばっといく子供の方が意外と獲れてしまうのは不思議だった。無心というのは無回転ボールのようにかえって読まれないんだろうか。。

千歳川と橋

としばしファミリーでの川遊びを疑似体験させてもらった後は、土産物屋の方に戻って激甘の焼きトウモロコシをかじった。ちなみに北海道ではトウモロコシをなぜか必ずトウキビと呼ぶ。

支笏湖の土産物屋

近くには湖畔らしく洒落た感じのパティスリーもあり、卵の殻の器がそのままもらえると知ってShanがプリンを注文。せっかくだからペアにしようとさらに一つ追加する。

Mizu no Uta

MizunoUtaのプリン

その後は車に乗り込んで湖の南側にある苔の洞門を訪ねたが、こちらは予想外の完全閉鎖中。居合わせた人は今年の大雨でやられたんじゃないかと言っていたが、Webサイトにその情報が載っていないのはサボりすぎだろう。。

苔の洞門は閉鎖中

ただその引き返す道すがら、支笏湖の南側の湖畔に立ち寄ってみると、こちらは手つかずといった感じでまた趣が違う。太い流木に腰かけてゆっくり眺める支笏湖もなかなかオツだった。

南から見る支笏湖

そして札幌に戻る前に最後に立ち寄ったのは支笏湖観光センター。今さらなぜ観光センターかというと、目的は実はまたヒメマス料理。そう何度も来ないので、加熱調理の方も味わっておこうという強欲な魂胆だった。

支笏湖観光センターのポロピナイセット

パッと見はアユっぽいが、かじると身はきちんとサーモンピンクをしている。作り置きではなく時間をかけてちゃんと作ってくれているのが好印象。焼きも良かったが、フライは特にサクサクジューシーで、頭まで最高に美味かった。

ということでこれで迷える魂も無事成仏。食ってばかりでボートとかの浪漫が欠けていたのは確かだが、長距離の往復もなくなんだか久しぶりにゆっくりできた休日だった。この翌週は来客のガイドに勤しんだが、その辺もまた次回残しておきたいと思う。

北海道観光第六弾。支笏湖とヒメマス料理」への2件のフィードバック

  1. SAWA

    ヒメマスがヒメネスに見えて仕方がない件。。
    そろそろウイイレをやれというお告げなんだろうか?
    冗談はさておき、ヒメマスの握りは艶やかでまるで大トロサーモンのようだ。
    これでいて脂は少なめでとろけるっていうんだから一体どんな味なのか
    実際食べてみたいという好奇心が湧いてくる。

    相変わらず天候が優れないようで、さすがに気の毒と思えるレベルまで来てるが
    それでも美しい大地の景色が伝わってくるよ。
    特に湖畔に流木が流れ着いてるあたりは雰囲気ありますな!
    そろそろ北海道もハイシーズンが終わって観光客がドッと減ったかな?
    本気遠征に備えて体調しっかり整えておいてくだされ(´ー`)♪

    返信
    1. ari.d5233 投稿作成者

      ヒメネスはなかなか重症のような気もするけど、
      ちょうど10月1日発売のWE2016を久しぶりにやろうか考えてたところやで。。
      10月末に戻るからみんな誘って本気でいかがかなw
      ヒメマスは栃木、神奈川、山梨、長野にも移植とのことなので、
      それぞれの湖で食べられるかも?
      国内旅行のついでに見かけたらぜひ試してみてちょーだい b

      天候はもう言うことはありませんな。
      すでに達観レベルなので今後は雨だろうが無の心ですべてを見てきます。。
      だいぶ寒い上、一人なので遠征が億劫で仕方ないが、
      せっかくなんでソロドライブで何とか頑張ってきたいと思います!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です