花より団子の鎌倉散策。極楽寺、長谷寺

テレビに映る入学式や入社式の様子を眺めながら、年度とはあまり関係のない自分も、なぜかつられて気持ちを新たにしている陽春の候。先週末は気候もいいのでと、久しぶりに昼からぶらぶら古都、鎌倉へと遊びに行ってきた。

鎌倉駅

川崎から鎌倉へは電車で一度乗り換えて1時間足らず。正午頃に鎌倉駅に着くと、まずは鎌倉幕府の開祖、源頼朝が都市計画の中心に据えた街のシンボル、鶴岡八幡宮へと向かった。

鶴岡八幡宮の参道

目的はその参道にある段葛(だんかずら)と呼ばれる名所の桜。ただ、見頃が過ぎていることは覚悟していたものの、まさか花びら一枚残っていないとは完全に予想外。。

段葛の桜の木

しかしながらこの日のテーマはいつもながらに食。なので気を取り直すと、まずは漬物の専門店でしらすおにぎりを入手した。何かにつけ”しらす推し”なのがこの鎌倉の特徴のひとつ。

しらすおにぎりの屋台

しらすおにぎり

小腹を満たすと、続けて参道沿いの店をチェック。鎌倉キネマ堂では映画『海街ダイアリー』に登場するしらすトーストが食べられる。また、鳩サブレで有名な豊島屋の本店もここに。

鎌倉キネマ堂

鎌倉豊島屋

そんな寄り道をしつつ昼食のため訪れたのが喫茶キャラウェイ。店構えは昔懐かしい喫茶店だが、実はカレーの専門店。

キャラウェイ

来るのは二度目なので行列は想定の範囲内。Shanを小町通りまでお使いに行かせ、手に入れたコロッケを頬張りつつ待つこと30分。無事に人気の喫茶店カレーにありつくことができた。

キャラウェイのビーフカレー

各種スパイスとともに肉も野菜も形がなくなるまで煮込まれたビーフカレーは、濃厚で王道ながらもクセになる味。Shanも気に入っているのでここは再訪して正解だった。

食後は人でごった返している小町通りを抜けて、江ノ島電鉄に乗り込み極楽寺駅へと向かう。やってきたのは定番の緑の車両ではなく、開通95周年記念のオリエント急行

江ノ電10形

こいつが上品な見た目とは裏腹に、街中を結構なスピードで右へ左へカーブしながら駆け抜けていく。ガタガタと揺られながら乗ること約10分。前述の『海街ダイアリー』などのロケ地となった極楽寺駅に到着。

極楽寺駅

極楽寺駅は雰囲気の良いレトロな駅で、タイからの観光客が一組写真を撮っていた。手には映画の原作漫画のタイ語版。Shanは最近学習中の英語を生かして接近し、本を借りて嬉しそうに記念撮影していた。一度も読んだことないくせに。。

その後はせっかくなので近場の寺も巡ってみた。Shanが「沖縄や北海道はよかったな。寺がないから!」とかふざけたことを言っていたが、それをなだめつつまず訪れたのが成就院

成就院

紫陽花が有名な寺なので季節違いではあったが、相模湾と鎌倉的な坂道を眺めることができたので十分満足。

成就院の坂道

また駅の裏手にあるのは駅名にもなっている極楽寺。ここでは先日の強風を耐え抜いた桜の花をぎりぎり拝むことができた。

極楽寺

桜の後は江ノ電に再び乗り込み一つ手前の長谷駅へ。そこで有名な長谷寺も見ておくことにした。長谷寺は通称”花の寺”とも呼ばれ、四季を通じて花が絶えないんだそう。

長谷寺の庭園

ここは花のほかにも見晴台や千体仏、アニメ顔の良縁地蔵や謎の洞窟なんかがあって、侘び寂びを意識しない外国人も純粋に楽しめそうな寺だった。Shanも「この寺は好き」とのこと。

長谷寺の良縁地蔵

と、この辺で寺巡りは切り上げ、駅近のカフェ豆猫堂で少々一服。ここは猫関連の本が充実しているうえ、香港や台湾のデザートが本格的な味で出てきて驚いた。

豆猫堂

猫本を飽くまで眺めた後は、歩いて夕暮れの由比ヶ浜へ。まだ肌寒いのに若いカップルが所々座り込んで話をしていて、いかにも湘南の海といったその様子がなんだか微笑ましかった。

由比ヶ浜

帰りはその由比ヶ浜の駅から再度の江ノ電。今度は定番の緑の車両に乗り込み、最初の鎌倉駅へと戻る。

緑の江ノ電

鎌倉では小町通りに戻って夕食を取った。店は昼に行列ができていたのをShanが見かけた中華料理の新荘園。中華なのになぜか生しらす丼を売りにしている不思議な店。

生しらす丼

さすがに名物だけあって美味かったが、よく見つめてみると、外国人にとって恐怖の食べ物だというのも分からないでもない。。また、実はShanの頼んだ麻婆豆腐が、それに輪をかけて美味かったという点も指摘しておきたいと思う。

夜の小町通り

そんなわけで日帰り鎌倉旅行も無事終了。携帯の歩数計も久しぶりに2万歩を超え、運動不足解消という観点からも充実した一日になったと思う。これからまた新緑の季節に向けて、たまの外出はぜひ続けていきたい。

ちなみにこれを書いている間に熊本で大きな地震があった。先程から流れているニュースには見慣れた景色が映し出されている。約一年前の今頃は最も揺れの強かった辺りをうろうろしていたわけで、どうか被害が最小限で済むようにと、今はただそれだけを願いたいと思う。

花より団子の鎌倉散策。極楽寺、長谷寺」への2件のフィードバック

  1. SAWA

    鎌倉で和カフェ巡りとはシャレオツだのう。
    個人的に鎌倉が渋いと思ってしまうあたりまだまだお子様やわ。
    海街大有は観たことがないが、ひょっとすると鑑賞したら行きたくなるのかもしれんね。

    それほどまでに行列のできるカレーの味とは、、
    具材が溶けるほど煮込んだカレーって食べたことないから気になるわ!
    昔ながらの洋食屋のカレーって感じ??
    しかし国際通りの珈琲店といい、実はカレーが好きなんですな(笑)

    こちらもあと1か月もすれば人間ドックが待ち受けているので
    そろそろ気合入れて運動したいとこだが、週末はなかなかソロ活動が
    できないから辛い。
    それこそタイでも行ってお手伝いさん付きの生活でもしたいわぁ~ってぐらい
    家事・育児に嫌気が差してきておる。

    あ、次回は是非、夕日をバックに江ノ電を撮ってきてくれぃ!

    返信
    1. ari.d5233 投稿作成者

      むしろ寺とか和カフェよりもカレーが主要な目的でしたな。
      本当は珊瑚礁っていうドライカレーの有名店に行こうかと思ったけど、
      レトルトがスーパーで買えてしまうから結局こっちへ行ってしまった。。
      味は何というのかな。洋食屋さんで出てきそうな感じではあるね。
      価格も600~700円と昔ながらだが、特筆すべきはおそるべきご飯の量。。
      山のように盛られてくるので人によっては苦情レベルかと(小盛でも300g)

      この前会った夫婦も妊娠中大変でようやく生まれたと思ったら、
      生まれてからがもっと大変だったと言っていたな。。
      だいぶ旅行の予定があるみたいだからリラックスしてきてちょうだい b
      秋のBBQも久しぶりに楽しみですな~

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です