富士宮外出の記録。駿府城、河口湖など

前回に続き富士宮の記録。滞在中、川崎は何度も行き来をしたが、地元名古屋にも一度Shanが電車で戻る機会があり、この日は送迎ついでに静岡市の駅前を少し散歩することにした。

静岡駅

向かったのは駅からほど近い場所にある駿府城公園。平城で櫓しかないので現在は周囲のビルに見下ろされてしまっているが、かつては7階建の恐ろしく巨大な天守があったらしい。

駿府城公園の堀

それもそのはず。この城は天下統一後に隠居した徳川家康が、大御所として隠然たる権力を振るった場所で、その大きさは当代将軍の居城である江戸城を凌ぐほどだったとか。

駿府城公園の櫓

家康は青年期に今川家の人質として、また壮年期には自身の本拠地としてこの場所で長く過ごしており、愛着も一際だったよう。天下人も晩年は思い出のある場所で暮らしたいものらしい。

駿府城公園の門

ただ、そんな天守も江戸初期には恒例の火災焼失。明治にはほぼ全ての建物が取り壊されたそうで、立派な門から城内へと足を踏み入れると、今ではのんびりとした公園が広がるのみ。

駿府城公園の城内

復元された櫓のほかに天守も再建計画があるそうだが、現時点での最大の見所はこのやたらと姿勢のいい家康像か。ただ、敷地内には緑が多く、遊具で園児が遊んでいたりと地元の人たちには親しまれているようだった。

駿府城の家康像

城見学の後は昼食のため、駅前にある静岡おでんの有名店おにぎりのまるしまへ。一見どう見てもおにぎり専門店だったが、店内に入ると机の上にはぐつぐつと煮えたおでんが登場。

おにぎりのまるしま

タネは一本一本串刺しになっていて、早速頂いてみると意外と味付けはあっさり。ダシ粉を自由にかけられるところは富士宮焼きそばと共通で、同じ静岡文化圏といったところ。

まるしまのおでん

味噌つける派の自分にはやや物足りなかったが、その辺は習慣の問題かと思う。むしろこの日のつらさは、真夏におでんを食べるというのに店内に空調がなかったという事実。今後はいくら名物といっても季節くらいは勘案しようかと思う。。

まるしまの黒はんぺん

そんな静岡行の翌週には、今度は富士宮から北上して河口湖を目指した。この時点で既に一度は河口湖~山中湖を周っていたので、この日は行き残したポイントを巡るドライブ。

朝霧高原の休憩所

当日はあいにくの天気だったものの、途中の道の駅では富士宮の特産品であるの弁当を購入して気持ちを盛り上げる。

鱒の寿司弁当

山梨側へとたどり着くのに意外と時間がかかったため、まずは早速昼食へ。この日は吉田うどんの有名店たけ川うどんが目当てだったが、店内に入って着席するとまさかの店違い。。

吉祥うどん

でんとした店構えだったのでつい間違えたが、向かいあって二つうどん店があるとは吉田市民のうどん好きも大概なもの。まあこの吉祥さんからしたらそんなこと言われてもいい迷惑だろうから、何かの縁とこちらでうどんをお願いすることにした。

吉祥の吉田うどん

硬くてコシが強いという吉田うどんは今回初挑戦。実際に食べてみると何だか名古屋の味噌煮込みうどんの麺に似ている。顎砕きなんて商品も出ているくらいなので覚悟してきたが、この硬さであればむしろ日常食に採用したいくらいの程良さだった。

とまあ腹ごしらえの済んだ後は、Shanが気になっていた着物の美術館、久保田一竹美術館を訪れた。

久保田一竹美術館

作品の展示スペースは奥まったところにあるようで、まずは庭園やショップをうろうろすることになるんだが、これがなんとなくジブリ美術館のような、着物に似つかぬ不思議な空間。

久保田一竹美術館の庭

久保田一竹美術館の外観

肝心の作品はというと、こちらは着るための着物ではなく着物をキャンバスにした”絵画”。辻が花染に独自性を加えた技法を使っているとかで、絞りが細かいのでつい近づいてしまうが、距離を取って見た方が繊細なグラデーションがより美しく見える。

作品数は多くないが、庭の見えるカフェなんかも併設されていて2~3時間ゆっくりしても楽しめそうな場所だった。

一竹庵

美術館を出る頃には天気も回復。なので河口湖畔にうち出てみると、ようやく富士山が姿を現していた。ただ、毎日家から見ている富士の方が大きいというのも富士宮暮らしの面白いところ。

河口湖の富士

そんな湖畔では河口湖オルゴール美術館なる場所も発見。予定にはなかったが、ショーが粗方終わった時間からは入場料を大幅割引しており、試しに一周してみることに。

河口湖オルゴールの森

ヨーロッパの街並みが再現されていて、中で色々なイベントをやっている感じは小さなハウステンボスといったところ。富士山の麓でなぜ欧風の街を見るのかは謎だが、ダンスオルガンや中世の機械人形オートマタなんかの展示は結構楽しめた。

オルゴールの森のダンスオルガン

その後は付近で甘い物なんかを食べ、今度は鳴沢氷穴へと向かった。ここは富士山麓にできた溶岩洞窟。

鳴沢氷穴

表示によると真夏にもかかわらず洞窟内の温度は0℃らしい。涼しい!と喜んだのは入り口までで、深まるにつれてTシャツ一枚では当然のように冷気を防ぎきれなくなってきた。

鳴沢氷穴の入り口

鳴沢氷穴の洞窟内

幸い洞窟はそれほど大きくなく、15分ほどで一周できたので腹が下るとかそういう情けない事態は回避。子供の頃、科学館の寒い部屋なんかが好きだった人にはお勧めの場所だった。

鳴沢氷穴の氷

また、鳴沢氷穴の近くには他にも富岳風穴という似たような場所がある。氷と風で何が違うかは分からなかったが、同様に大自然の営みを感じられる約15分間の洞窟探検を楽しめた。

富岳風穴

ちなみにこの風穴の周辺はいわゆる青木ヶ原樹海。自殺の名所だとかいわれるが、風穴の係員のおじさんに真偽を聞くと、「たまにあるねー」とこともなげに認めてくれた。。

青木ヶ原樹海の森

実際に見た目にも鬱蒼としており、快晴になったにもかかわらずどうも薄暗い。なんだか変な靄もかかって見える。

青木ヶ原樹海の靄

そんな場所で見つけたのが、地元愛知でたまに友人と歩いていた思い出の東海自然歩道。誰がここで楽しくトレッキングするのか分からないが、昼でも暗いと認めつつ一番魅力があると言及してしまうあたりに歪んだ愛を感じてしまう。。

東海自然歩道の看板

といった感じでこの日も終了。その翌週にはついに富士宮退去の日を迎え、秋からは現在の横浜暮らしとなった。当初はやや繋ぎといった意味合いもあった富士宮生活だが、結局何かと思い出深い滞在になったように思う。

富士宮の富士

翻ってこの3月は確定申告や年金保険の調査など、書類作成や手続きなんかに追われていた。ただその辺も今週中には片付く見込みなので、当面は晴耕雨読というのか、まあ本を読んだりなどしつつのんびり過ごしていようかと思っている。

富士宮食生活の記録。焼きそばや寿司等

相場の世界には”申酉騒ぐ”といって、申年酉年は変化の激しい一年になるというジンクスがあるが、それを地で行くかのように自分達も幸先の良い年明けから一転、ここまでは望まない事ばかりが次々と起こるしんどい毎日が続いていた。

まあ唯一救いなのはそんな中でも楽観して過ごせるだけの精神的な耐性がついたことだろうか。冬眠中のクマのように寝そべって冬の寒さをやり過ごしつつ、もはや半年前の思い出と化してしまった富士宮の記録でも終わらせておこうかと思う。

ハワイルームのネコ

まずは富士宮焼きそば食べ比べ活動の顛末だが、結局訪れた店は十数軒。その後は起こるべくして起きた食べ飽きるという現象を理由に調査は終了したわけだが、そんな中での栄えある金賞はこちら。富士宮焼きそば学会のお宮横丁店。

富士宮焼きそば学会

浅間神社の真向かいに位置し、観光客が真っ先に訪れるような店なので身も蓋もない結論な気がしなくもないが、おいしかったのだから仕方ない。ここで食べるべきは激香夏麺と書いて”げっこうかめん”と読ませる昭和なネーミングの一品。

激香夏麺

基本富士宮焼きそばはどこへ行ってもコシが強いが、ここはシコシコ硬い系ではなく程良いモチモチ系。コクのあるソースに定番のダシ粉。さらに激香夏麺は秘伝の香味唐辛子がプラスされ、その全てが調和して高い総合力で他を押し切った。

続く銀賞はというと、前段の店の並びにあるすぎ本のお宮横丁店。写真を撮り忘れたので画像は本店のものだが、受賞がなぜ本店でないかというと、お宮横丁店の方が焼きそばに特化していて塩麹やゴマ醤油など味の選択肢が豊富だから。

鉄板焼きすぎ本

いずれの味付けもレベルが高く、ハーフ&ハーフもあってソース味に飽きたときなどは大活躍。本店もサバサバした感じのおかあさんが明るくて印象は良かったが、味付けの種類は少なく、しかも焼きそばだけの注文は受けてもらえない。

鉄板焼きすぎ本

なぜかというと、こちらは本当は昔からお好み焼きが看板のお店。それがB級グルメGPをきっかけに焼きそばだけが目当ての客がどっと増えて、どこか忸怩たる思いがあるらしい。同様の話はこちらに限らず他の店でも結構よくあった。

最後の銅賞は富士宮駅の近くにある虹屋ミミ。本当に狭い小さな店なのでうかうかしてると通り過ぎてしまうくらいだが、有名口コミサイトの評価は実はこちらが一番上。

虹屋ミミ

焼きそばはモチモチしていてダシ粉が多め。珍しく目玉焼きが乗るので黄身を絡めて味の変化も楽しめる。また、この店もやはりお好み焼きを出しているんだが、やや緩めで少し酸味のあるソースのそちらも個人的にはかなり美味しかった。

虹屋ミミの焼きそば

虹屋ミミのお好み焼き

この店を切り盛りしているのは一見少し怖そうなお兄さんだったが、この方が大変物知りで富士宮について色々な事を教えてもらえた。富士宮に焼きそばやお好み焼きの店が多い理由も尋ねると、富士山から流れ出た溶岩が地盤になっていて昔は米ができなかったからなんだとか。

とまあ以上が二人の焼きそば店TOP3になるが、それとローテーションを組んで食べていたのが家の近くにあるこの沼津魚がし鮨。関東にも店舗のあるチェーン店だが、平日も毎日待ちが出るくらい地元でも人気のある寿司店。

沼津魚がし鮨

ここでよく食べたのはデカネタでお値打ちなこの近海ランチ。来日直後はコーンばかり食べていたShanも、各地を周り静岡滞在を終えた今ではイワシやハマチも美味しいと言うように。なんだか妙に感慨深いものがあり。

また、富士宮の食生活で忘れてはいけないのが、呆れるくらいよく食べていた生シラス。これはスーパーで漁港直送の新鮮なものを買ってくることが多かったが、一度シラスの水揚げで有名な田子の浦港まで食べに行ったことがあった。

田子の浦港

立地がコンビナートの真ん中なのでとても趣ある感じではないが、ともあれ港内に入ると漁協食堂で生と釜揚げのハーフハーフ丼を注文。さすがに一尾一尾がぴんとしていて見た目から新鮮感があった。比べると味はやはり苦みのある生が美味。

田子の浦漁協食堂

生釜シラス丼

残る富士宮での食の定番といえば、住み始めてから発見してしまった高原ジェラート。富士宮市の北部は富士山の裾野で高原が広がっており、牧場がいくつも点在している。普段は富士宮イオンのミルクランドが行きつけだったが、時にはこのいでぼくなど牧場まで足を伸ばすこともあった。

いでぼく

いでぼくは各種乳製品はもちろん、パンやピザ、パスタ等々食べられる商品が大変豊富。特にこのクリームチーズジェラートは至高だったが、しかしより印象的だったのは牛舎などの施設がとても清潔で管理が行き届いていたこと。

いでぼくのジェラート

個人的にはやはり畜産用の動物であってもQOLにはきちんと配慮する社会になってほしいと思っているし、そういう生産者の商品をできる限り選ぶようにしているだけに、今後もSAなどで見かけた折にはそんな大義名分でもってぜひこのジェラートを食べ続けていきたいと思う。

ということで今回は食べ物の話ばかりに終始したが、また別に滞在終盤の外出記録などを残して、それをもって富士宮生活も締めとしたいと思う。