横浜定住開始。羽田のJAL整備工場を見学

富士宮生活終了後は怒涛の如く予定が重なり、カメラ片手にゆっくり観光といった機会はめっきり減ってしまっていたが、年の暮れにはようやく落ち着き、前々から予約していた羽田空港のJAL整備場見学ツアーに出掛けてきた。

東京モノレール

Web上から無料で申し込めるこのツアーは、その名の通り旅客機の整備場を解説付きで実際に見学できるというもの。JALとANAの両社がそれぞれ似たツアーを提供しているが、これがなかなか空きがなくて今回がようやくの初参加となった。

羽田空港国際線駐車場

当日は国際線のパーキングに車を停め、まずは早速東京モノレールに乗り込んで移動。海の向こうに広がる川崎の工場地帯に目をやっていると、ものの数分で新整備場駅に到着する。

東京モノレールの車内

改札を出て地上に出ると、眼前に見えるのは飛行機のエンジン音が鳴り響く滑走路。そして、その反対側には今回の会場となるJALメインテナンスセンターがそびえ立つ。

滑走路

JALメインテナンスセンター1

入口で上品なオーラを纏った受付の女性に見学に来た旨を伝えると、ネームタグが配られるのでそれをつけて案内通り上階へ。するとそこは吹き抜けが印象的なJALの展示資料館。

JAL資料館

ツアーの最初のプログラムは教室での座学だったが、開始までの待ち時間で見学OKとのことだったので、まずはコックピットの展示を見に行く。Shanが操縦桿を握って得意気だったが、感想はどう見ても世界で一番乗りたくない飛行機だということ。。

コックピットの展示

操縦室の隣にはビジネスクラスの座席体験コーナーもあった。家電量販店のマッサージチェアのノリでみな代わる代わる座ってリラックスしていたが、一方でファーストクラスは接触も禁止と、こんなところでもキッチリと格差はあるのだった。

ビジネスクラスの座席

ファーストクラスの座席

こちらはずらりと並ぶCAさんの歴代の制服。こう見ると結構しょっちゅう変わっているんだなと思うが、時代が古い方が色やスカート丈など諸々攻めているというのも何だか面白い。

JALのCAの制服の歴史

また、会社や航空機の歴史のパネル解説などもかなり充実。しかしさすがに時間がなさすぎたのでこれはまたの機会に。

JAL展示資料館のパネル

そんな展示の奥にはなんと機長とCAの制服体験コーナーも。前掛け式であっという間に衣装チェンジできるというのでやってみたが、自分は絶望的に似合っていなかった。制服のある職業にはどうも向いていないようだった。。

JALの制服体験コーナー

と、そんな感じで遊んでいるとアナウンスが流れ座学開始の時間。教室へと移動して航空機について基本のキから教えていただいた。力学的な部分から、航空機や空港の豆知識まで。成田より羽田の方が面積が大きいというのは意外だった。

JALの航空教室

座学が一通り終わるといよいよお待ちかねの整備場見学。注意点の説明を受けてから歩いて格納庫へと入っていくと、巨大な空間が広がっていて、2機の旅客機がメンテナンス中だった。

JALの整備場

JALの整備場2

ここでは再び実際に機体を見ながら解説員のおじさんが様々な解説をしてくれる。ボディの上についている丸い物は最近の機体にあるWi-Fiの設備だとか、翼の先が折れているのはウイングレットといって燃費効率を上げるものだとか。

JAL整備場の機体

そんな話を聞きながらさらに1階へと下り、旅客機をより間近で見たり、格納庫の前にある滑走路の離着陸を眺めたりした。残念ながらその1階で撮った写真は公開不可とのことだったが、本当に無料なのが申し訳ないくらいボリュームのあるツアーだった。

このツアー、予約状況を見るといつも大抵一杯なんだが、中の人曰く1週間前に見てくださいとのこと。押さえるだけ押さえて直前キャンセルというパターンも多いのだそう。今回で味を占めてしまったので、折を見てまたぜひANAの方もチェックしに行ってみたいと思う。

ソファの下のみー

ちなみに直近はというと、急用のため二人で中国へ戻った後、Shanが月末まであちらに残ることになったので、現在はネコつきの一人暮らし。淡々と仕事をしつつ、Amazonビデオで東野圭吾の分身だとか、湊かなえのNのためにだとか、そんなプライムのドラマを見たりなんかしている。

まあ大変なことの後にはきっと良いこともあるだろうから、今年もまだまだこれからということで、楽しむ気持ちを忘れずやっていこうと思っている次第。

富士宮外出の記録。駿府城、河口湖など

前回に続き富士宮の記録。滞在中、川崎は何度も行き来をしたが、地元名古屋にも一度Shanが電車で戻る機会があり、この日は送迎ついでに静岡市の駅前を少し散歩することにした。

静岡駅

向かったのは駅からほど近い場所にある駿府城公園。平城で櫓しかないので現在は周囲のビルに見下ろされてしまっているが、かつては7階建の恐ろしく巨大な天守があったらしい。

駿府城公園の堀

それもそのはず。この城は天下統一後に隠居した徳川家康が、大御所として隠然たる権力を振るった場所で、その大きさは当代将軍の居城である江戸城を凌ぐほどだったとか。

駿府城公園の櫓

家康は青年期に今川家の人質として、また壮年期には自身の本拠地としてこの場所で長く過ごしており、愛着も一際だったよう。天下人も晩年は思い出のある場所で暮らしたいものらしい。

駿府城公園の門

ただ、そんな天守も江戸初期には恒例の火災焼失。明治にはほぼ全ての建物が取り壊されたそうで、立派な門から城内へと足を踏み入れると、今ではのんびりとした公園が広がるのみ。

駿府城公園の城内

復元された櫓のほかに天守も再建計画があるそうだが、現時点での最大の見所はこのやたらと姿勢のいい家康像か。ただ、敷地内には緑が多く、遊具で園児が遊んでいたりと地元の人たちには親しまれているようだった。

駿府城の家康像

城見学の後は昼食のため、駅前にある静岡おでんの有名店おにぎりのまるしまへ。一見どう見てもおにぎり専門店だったが、店内に入ると机の上にはぐつぐつと煮えたおでんが登場。

おにぎりのまるしま

タネは一本一本串刺しになっていて、早速頂いてみると意外と味付けはあっさり。ダシ粉を自由にかけられるところは富士宮焼きそばと共通で、同じ静岡文化圏といったところ。

まるしまのおでん

味噌つける派の自分にはやや物足りなかったが、その辺は習慣の問題かと思う。むしろこの日のつらさは、真夏におでんを食べるというのに店内に空調がなかったという事実。今後はいくら名物といっても季節くらいは勘案しようかと思う。。

まるしまの黒はんぺん

そんな静岡行の翌週には、今度は富士宮から北上して河口湖を目指した。この時点で既に一度は河口湖~山中湖を周っていたので、この日は行き残したポイントを巡るドライブ。

朝霧高原の休憩所

当日はあいにくの天気だったものの、途中の道の駅では富士宮の特産品であるの弁当を購入して気持ちを盛り上げる。

鱒の寿司弁当

山梨側へとたどり着くのに意外と時間がかかったため、まずは早速昼食へ。この日は吉田うどんの有名店たけ川うどんが目当てだったが、店内に入って着席するとまさかの店違い。。

吉祥うどん

でんとした店構えだったのでつい間違えたが、向かいあって二つうどん店があるとは吉田市民のうどん好きも大概なもの。まあこの吉祥さんからしたらそんなこと言われてもいい迷惑だろうから、何かの縁とこちらでうどんをお願いすることにした。

吉祥の吉田うどん

硬くてコシが強いという吉田うどんは今回初挑戦。実際に食べてみると何だか名古屋の味噌煮込みうどんの麺に似ている。顎砕きなんて商品も出ているくらいなので覚悟してきたが、この硬さであればむしろ日常食に採用したいくらいの程良さだった。

とまあ腹ごしらえの済んだ後は、Shanが気になっていた着物の美術館、久保田一竹美術館を訪れた。

久保田一竹美術館

作品の展示スペースは奥まったところにあるようで、まずは庭園やショップをうろうろすることになるんだが、これがなんとなくジブリ美術館のような、着物に似つかぬ不思議な空間。

久保田一竹美術館の庭

久保田一竹美術館の外観

肝心の作品はというと、こちらは着るための着物ではなく着物をキャンバスにした”絵画”。辻が花染に独自性を加えた技法を使っているとかで、絞りが細かいのでつい近づいてしまうが、距離を取って見た方が繊細なグラデーションがより美しく見える。

作品数は多くないが、庭の見えるカフェなんかも併設されていて2~3時間ゆっくりしても楽しめそうな場所だった。

一竹庵

美術館を出る頃には天気も回復。なので河口湖畔にうち出てみると、ようやく富士山が姿を現していた。ただ、毎日家から見ている富士の方が大きいというのも富士宮暮らしの面白いところ。

河口湖の富士

そんな湖畔では河口湖オルゴール美術館なる場所も発見。予定にはなかったが、ショーが粗方終わった時間からは入場料を大幅割引しており、試しに一周してみることに。

河口湖オルゴールの森

ヨーロッパの街並みが再現されていて、中で色々なイベントをやっている感じは小さなハウステンボスといったところ。富士山の麓でなぜ欧風の街を見るのかは謎だが、ダンスオルガンや中世の機械人形オートマタなんかの展示は結構楽しめた。

オルゴールの森のダンスオルガン

その後は付近で甘い物なんかを食べ、今度は鳴沢氷穴へと向かった。ここは富士山麓にできた溶岩洞窟。

鳴沢氷穴

表示によると真夏にもかかわらず洞窟内の温度は0℃らしい。涼しい!と喜んだのは入り口までで、深まるにつれてTシャツ一枚では当然のように冷気を防ぎきれなくなってきた。

鳴沢氷穴の入り口

鳴沢氷穴の洞窟内

幸い洞窟はそれほど大きくなく、15分ほどで一周できたので腹が下るとかそういう情けない事態は回避。子供の頃、科学館の寒い部屋なんかが好きだった人にはお勧めの場所だった。

鳴沢氷穴の氷

また、鳴沢氷穴の近くには他にも富岳風穴という似たような場所がある。氷と風で何が違うかは分からなかったが、同様に大自然の営みを感じられる約15分間の洞窟探検を楽しめた。

富岳風穴

ちなみにこの風穴の周辺はいわゆる青木ヶ原樹海。自殺の名所だとかいわれるが、風穴の係員のおじさんに真偽を聞くと、「たまにあるねー」とこともなげに認めてくれた。。

青木ヶ原樹海の森

実際に見た目にも鬱蒼としており、快晴になったにもかかわらずどうも薄暗い。なんだか変な靄もかかって見える。

青木ヶ原樹海の靄

そんな場所で見つけたのが、地元愛知でたまに友人と歩いていた思い出の東海自然歩道。誰がここで楽しくトレッキングするのか分からないが、昼でも暗いと認めつつ一番魅力があると言及してしまうあたりに歪んだ愛を感じてしまう。。

東海自然歩道の看板

といった感じでこの日も終了。その翌週にはついに富士宮退去の日を迎え、秋からは現在の横浜暮らしとなった。当初はやや繋ぎといった意味合いもあった富士宮生活だが、結局何かと思い出深い滞在になったように思う。

富士宮の富士

翻ってこの3月は確定申告や年金保険の調査など、書類作成や手続きなんかに追われていた。ただその辺も今週中には片付く見込みなので、当面は晴耕雨読というのか、まあ本を読んだりなどしつつのんびり過ごしていようかと思っている。