横浜駅界隈をうろつく。萬興楼、ビルズなど

なんだかんだで横浜暮らしもはや半年。新しい町に住み着くというのもいい加減慣れたもので、周辺の裏道なんかも今ではだいぶ熟知できてきた。愛猫などもすっかり新居には馴染んで、頭にヤシを生やしながら日々くつろいでくれている。

ヤシの木ネコ

川崎市民だった頃は横浜にはよく車で来ていたので、国道が便利なみなとみらい方面に行くことが多かったが、最近はバスや徒歩で横浜駅を訪れる機会が多くなった。今回はその辺の開拓の記録を少し。まずは現時点で西口No.1の中華料理店、萬興楼

萬興楼

そこはかとなく大陸の香りを感じたので飛び込んでみたが、ここの麻婆豆腐定食は味量ともに中国の辛い地域代表Shanも唸る納得のパフォーマンス。夫妻肺片など四川系メニューが総じて美味いので、名前で挫けずにぜひ試してもらいたい。

陳麻婆豆腐定食

またこちらは横浜駅で今一番気に入っている洋菓子店。そごうの地下で発見したファウンドリー。本店は軽井沢にあるそうで、こだわりのアップルパイが名物なんだとか。

ファウンドリー

男でも甘い物を食べたい日はあるわけで、しかし甘過ぎると結局食べ切れないなんて人にここのショートケーキは最適。クリームもスポンジも果物もきちんと美味しく、控えめな甘さとスッキリした後味で、体重増さえなければ毎日お世話になりたい逸品。

ファウンドリーのショートケーキ

横浜駅の地下街はというと、名古屋の栄や大阪の梅田などと並ぶ全国屈指の規模。なので慣れないうちはよく迷っていたが、最近はだいぶ把握できてきた。先日は有隣堂で昔好きだった王欣太という漫画家の原画展に偶然遭遇。

王欣太原画展

そこで全巻読破している三国志を題材にした漫画、蒼天航路の原画を見つけて一人ほくそ笑んでいた。不気味だったろうが、周囲の男たちも大概似たり寄ったりの様子だった。

蒼天航路の原画

また、変わったところでは美女と野獣をテーマにしたカフェビューティ&ザ・ビーストなんて店も訪問。実写版の映画がヒットしたのでちょっとばかり流行のスポット。

ビューティ&ザ・ビースト

ビューティ&ザ・ビーストの看板

このカフェの謎なところはとりあえずそのロケーション。なぜだか知らないが横浜中華街の中に存在し、向かいは台湾国旗が所狭しと飾られた中国茶のお店だったりする。

中華街のお茶屋さん

ここまで来たらやっぱり中華食いたいとか思いながらも、Shanにはそんな素振りを見せることなく地下へと進む。すると、思わせぶりに登場したのは重厚な雰囲気の欧風の扉。

ビューティ&ザ・ビーストの扉

しかしながら押してみるとすんなり開いてしまうその扉の向こうには、美女や野獣こそいないものの、それらしい空間が広がっている。再現度はよく分からないが、なんというかそれっぽい。

ビューティ&ザ・ビーストのVIPルーム

ビューティ&ザ・ビーストのホール

雰囲気は普通に良く、親切な店員さんに窓際の席へと案内してもらうと、早速昼のメニューの中からベルランチとビーストランチを注文した。それぞれドレスをモチーフにしたオムライスと、野獣の食糧ということなのか鹿肉のグリル。

ベルランチ

ビーストランチ

Shanの撮影だと肝心なポテトチップ製のベルがボケていたが、スープは具沢山でメインの味も良く、テーマレストランとは思えぬ料理の満足度だった。価格が若干高く量は少ないが、そこを突っ込むのは野暮というものなんだろう。

その後は何だか甘い物を食べたくなり赤レンガ倉庫へと移動。

赤レンガ倉庫

世界一の朝食などと銘打っているビルズのリコッタパンケーキを食べてみることにした。

ビルズ

白を基調とした広めの店内はカップルや旅行客などで既に満席。少し並ぶことになったが、そののちありついたパンケーキは何と言うのか絶妙な食感。流行の口どけだとかフワフワだとかは得意じゃないが、これはその一歩手前のいい塩梅。

ビルズのリコッタパンケーキ

チャイも分析不能なくらいいろいろなものが入ってる感あり。人によってはちょっと濃すぎるくらいかもしれない。

ビルズのレベル高いチャイ

とまあ振り返ると女子力高め?なことばかりしていた感じだが、特にそれを磨いてるとかそういうことは一切ない。今年は相変わらず仕事以外の場所で失ったものが多く、いろいろと思うところの多い毎日を過ごしているが、悩んだ分だけいつかまた得られるものもあると思って後半戦も明るくやっていけたらと思う。

ちなみに先月は身内の里帰りに付き添って大阪へ行ってきたので、そんなところを中心にまた記録は残しておきたい。

横浜定住開始。羽田のJAL整備工場を見学

富士宮生活終了後は怒涛の如く予定が重なり、カメラ片手にゆっくり観光といった機会はめっきり減ってしまっていたが、年の暮れにはようやく落ち着き、前々から予約していた羽田空港のJAL整備場見学ツアーに出掛けてきた。

東京モノレール

Web上から無料で申し込めるこのツアーは、その名の通り旅客機の整備場を解説付きで実際に見学できるというもの。JALとANAの両社がそれぞれ似たツアーを提供しているが、これがなかなか空きがなくて今回がようやくの初参加となった。

羽田空港国際線駐車場

当日は国際線のパーキングに車を停め、まずは早速東京モノレールに乗り込んで移動。海の向こうに広がる川崎の工場地帯に目をやっていると、ものの数分で新整備場駅に到着する。

東京モノレールの車内

改札を出て地上に出ると、眼前に見えるのは飛行機のエンジン音が鳴り響く滑走路。そして、その反対側には今回の会場となるJALメインテナンスセンターがそびえ立つ。

滑走路

JALメインテナンスセンター1

入口で上品なオーラを纏った受付の女性に見学に来た旨を伝えると、ネームタグが配られるのでそれをつけて案内通り上階へ。するとそこは吹き抜けが印象的なJALの展示資料館。

JAL資料館

ツアーの最初のプログラムは教室での座学だったが、開始までの待ち時間で見学OKとのことだったので、まずはコックピットの展示を見に行く。Shanが操縦桿を握って得意気だったが、感想はどう見ても世界で一番乗りたくない飛行機だということ。。

コックピットの展示

操縦室の隣にはビジネスクラスの座席体験コーナーもあった。家電量販店のマッサージチェアのノリでみな代わる代わる座ってリラックスしていたが、一方でファーストクラスは接触も禁止と、こんなところでもキッチリと格差はあるのだった。

ビジネスクラスの座席

ファーストクラスの座席

こちらはずらりと並ぶCAさんの歴代の制服。こう見ると結構しょっちゅう変わっているんだなと思うが、時代が古い方が色やスカート丈など諸々攻めているというのも何だか面白い。

JALのCAの制服の歴史

また、会社や航空機の歴史のパネル解説などもかなり充実。しかしさすがに時間がなさすぎたのでこれはまたの機会に。

JAL展示資料館のパネル

そんな展示の奥にはなんと機長とCAの制服体験コーナーも。前掛け式であっという間に衣装チェンジできるというのでやってみたが、自分は絶望的に似合っていなかった。制服のある職業にはどうも向いていないようだった。。

JALの制服体験コーナー

と、そんな感じで遊んでいるとアナウンスが流れ座学開始の時間。教室へと移動して航空機について基本のキから教えていただいた。力学的な部分から、航空機や空港の豆知識まで。成田より羽田の方が面積が大きいというのは意外だった。

JALの航空教室

座学が一通り終わるといよいよお待ちかねの整備場見学。注意点の説明を受けてから歩いて格納庫へと入っていくと、巨大な空間が広がっていて、2機の旅客機がメンテナンス中だった。

JALの整備場

JALの整備場2

ここでは再び実際に機体を見ながら解説員のおじさんが様々な解説をしてくれる。ボディの上についている丸い物は最近の機体にあるWi-Fiの設備だとか、翼の先が折れているのはウイングレットといって燃費効率を上げるものだとか。

JAL整備場の機体

そんな話を聞きながらさらに1階へと下り、旅客機をより間近で見たり、格納庫の前にある滑走路の離着陸を眺めたりした。残念ながらその1階で撮った写真は公開不可とのことだったが、本当に無料なのが申し訳ないくらいボリュームのあるツアーだった。

このツアー、予約状況を見るといつも大抵一杯なんだが、中の人曰く1週間前に見てくださいとのこと。押さえるだけ押さえて直前キャンセルというパターンも多いのだそう。今回で味を占めてしまったので、折を見てまたぜひANAの方もチェックしに行ってみたいと思う。

ソファの下のみー

ちなみに直近はというと、急用のため二人で中国へ戻った後、Shanが月末まであちらに残ることになったので、現在はネコつきの一人暮らし。淡々と仕事をしつつ、Amazonビデオで東野圭吾の分身だとか、湊かなえのNのためにだとか、そんなプライムのドラマを見たりなんかしている。

まあ大変なことの後にはきっと良いこともあるだろうから、今年もまだまだこれからということで、楽しむ気持ちを忘れずやっていこうと思っている次第。