金沢一週間。国際交流まつり、21世紀美術館

先週の土曜日は市役所前の国際交流まつりに行ってきた。前日の夜、NHKでちらっと告知を見かけたのがきっかけ。

普段はそれほどこういうイベントに興味がある方ではない。ただ、不毛なパフォーマンスが続いてアジアの空気が悪い時期だけに、交流イベントを開こうという人たちにささやかにエールを送りたい、そんな気持ちもあったのかもしれない。

金沢国際交流まつり

到着してみると、会場はなかなか賑わっていた。ステージが一つと、ブースが20~30ほどあっただろうか。各国の留学生やNPO関連の人などが雑貨や食べ物を売っている。

国際交流まつり会場

準備万端、お腹を空かせて行ったので早速食べ歩き開始。モンゴルのボーズ、ネパールのカレー、マレーシアのサテ。ロシアの串焼き、中国の水餃子。着いた早々に本領を発揮した。

中国ブースの水餃子

SHANは各ブースの人たちとちゃっかり記念撮影。中国系のブースも2~3出店していてそれぞれ話を聞けた。特にそこで会った日本人老夫婦は結構印象的だった。

お爺さんは18歳の時に戦争で中国へ渡ったのだそうだ。しかし様々な思いがあったのだろう、引退後は陝西省の黄土高原に植樹をする活動をしていたのだという。

「中国ではみんな親切だった。体が良くなったらまた行きたい。」御年80は軽く超えているだろうが、それでも力強く語ってくれた。時期が時期だけに、その話を聞いてSHANはやや感涙。普段見せはしないが、やはり板挟みのつらさがあったんだと思う。

中国ブースで会ったおじいさん

そしてSHANはやはりここでも記念撮影。お爺さんは不思議がりながらも嬉しそうに応じてくれた。

あとになって気づいたが、この9月29日は日中国交正常化40周年のまさにその日だった。偶然ながら、タイムリーな外出になって良かったと思う。

その後はお隣の金沢21世紀美術館を見てきた。台風が接近していて天気はあまり良くなかったが、いろいろな面白い作品や、お土産品を見るなど楽しめた。

金沢21世紀美術館

もちろん有名なレアンドロのプールも上下からチェック。

レアンドロプール

レアンドロのプール入口

だいぶ遅くなってしまったので、夕食はそのまま回転寿司へ。金沢は回転寿司でもレベルが高いそうだが、確かによくある全国チェーンはそこらで見かけることがない。

この日行ったのは県庁の方にあるまいもん寿司。店内は清潔感があって、地物のネタも豊富にあった。

まいもん寿司

ただ、20時を過ぎて行ったためか、終わってしまったネタが多かったのが残念。

旨かったけれど旬が11月からの魚が多いので、脂の乗りはもう少し待った方が良くなるんだろう。今後も引き続き寿司屋には注目していきたいと思う。

まいもん寿司の秋刀魚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です